ものもらいの呼び方 めぱちこ めばちこ 麦粒腫

スポンサードリンク

ものもらいの呼び方 めぱちこ めばちこ 麦粒腫

ものもらいには地方によって様々な呼び方があるようです。

 

一般的にものもらいとは、まつ毛の付け根付近に出来る炎症の事を指しますが、正式名称は「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と呼びます。

 

しかし「麦粒腫ができちゃった」などと他人に言ったところで、それがものもらいだと分かってくれる人はほんのひとにぎりでしょう。

 

ものもらいはひっきりなしに出来るものなので、その地域独特の呼び名が定着していったのでしょう。

 

おもわず自分の故郷の呼び名で話してしまい、相手に伝わらなかったなんて事もありそうです。

 

ものもらい:関東

 

めぱちこ、めばちこ:大阪

 

め(い)ぼ:京都

 

めっぱ:北海道

 

めもらい:北陸

 

 

いちばんポピュラーな「ものもらい」という言い方は関東を中心として呼ばれています。その他にもめこじき、めんぼう、めぼいと、いぬのくそ、ばか、おひめさん、等と様々な呼び名が存在するのがものもらいのおもしろい所です。

 

ものもらいは人から何か物を恵んでもらうと治るという迷信からなりました。今では人に症状をうつすと治るという迷信に変わりつつありますが、それは本来の意味とは全く違うようです。

 

めぱちこは患者が目をぱちぱちさせている様子から、宮城県付近で使われているばか、おひめさんは自分から「遠ざけたいもの」という意味があると言われています。

 

沖縄県では「みいんでえ」という独特の言い方をしている人もいるようです。

 

英語では「Sty」と書きスタイと読みます。
「ものもらいが出来ちゃった」と言いたければ「I have a sty」で通用するでしょう。

スポンサードリンク