ものもらいの症状 原因

スポンサードリンク

ものもらいの原因は人それぞれ

ものもらいが出来てしまう原因は人によって違います。

 

あなたが「ものもらい」になった原因を知る事で完治が早まり、再発を防ぐ事ができます。

 

寝不足

睡眠不足が続けば当然「目」への負担は大きくなります。すると抵抗力が無くなり普段は跳ね除ける事が出来る菌が繁殖して、ものもらいが出来やすくなります。

 

栄養不足

ものもらいは栄養の偏りが発症の原因となる場合があります。
揚げ物中心の食事やカップラーメンにコンビニ弁当など、偏食が続いている人は野菜中心でバランスの取れた食事を心がけましょう。

 

その中でも特に「ものもらい」を予防する為に必要な栄養素はビタミンAです。
ビタミンAには目の粘膜を保ち、目を保護する働きがあります。
にんじん、モロヘイヤ、パセリなどの緑黄色野菜を積極的に取りましょう。

 

疲れ

疲れも免疫力を落とす大きな要因となりものもらいを誘発させます。

 

休み無く働きづめの人は、適度に休憩を挟み、リラックできる時間をとりましょう。

 

また、栄養ドリンクなどで一時的にでも体力を回復させるだけでも一定の効果は期待できます。

 

ストレス

ストレスはほとんど全ての病の原因となりえる要素となり、ものもらいも例外になりません。

 

ストレスによって免疫力が落ちた状態で目に細菌が進入すれば、抵抗力をなくした状態の為、簡単にものもらいが出来てしまいます。

 

不衛生

ものもらいは、皮脂腺などを分泌する汗腺や脂線の穴に黄色ブドウ球菌などの細菌が感染して化膿した状態のことを指します。

 

汚れた手で目をこすったり、タオルや枕が不衛生な状態だとものもらいを発症します。

 

 

上記の原因の複数個が重なって起こった時は特にものもらいを発症しやすくなります。

 

その為、ものもらいを再発しやすい体質の人は、夜更かしが続いたり飲み会が続いたりすると、そろそろ出来そうだなという予感がするものです。

スポンサードリンク