ものもらい コンタクト

スポンサードリンク

ものもらい コンタクトは付けて良い?

ものもらいは目に菌が入り炎症を起こすことで発症しますが、コンタクトレンズを日常からつけている人はものもらいになりやすいといえます。

 

コンタクトレンズの使用方法を守らずに何日も連続して使用してしまえば当然ものもらいになる確率は高まりますし、目に大きな悪影響があります。

 

しかし、いざものもらいになってしまったらコンタクトは正しい使い方をすればそのまま使用し続けても良いのでしょうか?

 

もし今あなたの目にものもらいが出来ているのなら、今すぐにコンタクトは外しましょう。

 

なぜなら、コンタクトはいくら綺麗に殺菌して使っていたとしても、多少の殺菌は時間と共に付いてしまう為、ものもらいの治るスピードが下がってしまう為です。
さらに、コンタクトレンズは目や患部を刺激してしまう為、さらに炎症が悪化して今う可能性すらあります。

 

また、ものもらいを最速で、自分で治す為には大量にものもらい専用の目薬を差すことが大切です。当然コンタクトは目薬を差す際に外していた穂が効果が高くなりますし、目薬を付ける度にコンタクトをつけたり外したりする事も患部を刺激する為良くありません。

 

コンタクトをつけることで、菌の増殖と患部への刺激の2つの理由により、炎症がさらに悪化してしまうのです。

 

出来つ限り、ものもらいの治療中はめがねを使うようにして、コンタクトの使用を控えるよう心がけましょう。

 

また、ものもらいが出来ると痒みがあったり、ごろごろとした感じが気になりますが、無意識のうちに手で触らないように気をつけましょう。

スポンサードリンク