子供 ものもらい 症状

スポンサードリンク

子供のものもらいの症状

子供のものもらいは判断が難しいものです。腫れなどは見た目で確認することができますが、目がごろごろするといった違和感や目のかゆみなどにすぐ気づくのは難しいことがあります。

 

ものもらいには2種類あります。麦粒腫と呼ばれるものもらいは細菌に感染することによっておこります。麦粒腫の出来初めは目の違和感や痛み、かゆみなどを感じます。
炎症がすすむとともに目の痛みや腫れがひどくなってきます。そして化膿した部分から膿がでてこれば、数日で治ることが多いです。

 

そして、霰粒腫と呼ばれるものもらいは、脂肪などがつまってできるものですので、出来初めの痛みやかゆみなどは基本的にありません。

 

こりこりとした、しこりを感じることが多いです。しかし霰粒腫のものもらいが細菌に感染した場合は麦粒腫と同じように痛みや腫れを伴います。

 

大切なことはどちらのものもらいにしても、目の異常がある時には特に目の清潔を保つことが大切です。

 

子供がさわったり、かいたりすることで細菌の繁殖を広げてしまうことがあるので、それを防ぐためにも目の異常を発見した時は特に注意するようにしましょう。

 

そして、子供は自分の症状をうまく伝えることができない場合がありますので、ものもらいだと思っていたら実は違う目の病気だった、ということも起こりえます。

 

ものもらいであれば、抗菌剤の入った目薬やクリームを使うことで症状を緩和したり、早めに治したりすることができますので、子供の目の異常に気付いた時はなるべく病院へいくようにしたいものです。

スポンサードリンク