赤ちゃん ものもらい 原因

スポンサードリンク

赤ちゃんのものもらいの原因

大人と違い、自分で目の異常を訴えることのできない赤ちゃんのものもらいは悩みの種です。特に赤ちゃんはものもらいになりやすい分、本人だけでなく親も辛いものです。

 

麦粒腫とよばれるものもらいは細菌の感染によっておこります。そして、霰粒腫と呼ばれるものもらいはマイボーム腺というまつ毛の根元の内側に脂肪がつまることにより、引き起こされます。

 

ものもらいの直接の原因はわからないことがありますが、どちらも、免疫力の落ちているときになることが多いです。

 

大人であっても、免疫力の低下時にものもらいにかかることがあるのですから、大人に比べて免疫力が弱い赤ちゃんは、よりかかりやすいのです。

 

そして、赤ちゃんは何かをさわった後でも平気で目をさわったり、こすったりしてしまいます。汚い手で目をさわることにより細菌に感染し、ものもらいになってしまうことがあるのです。

 

痛みやかゆみを表現できない赤ちゃんはそういった時にぐずることがありますが、目が腫れていたり、何度もこすっていたりしたらものもらいだったという事がよくあるので、注意しましょう。

 

ものもらいで病院へ行くと抗菌剤の入った目薬やクリームが処方されます。しかしクリームなどは違和感が残り、親の気づかないうちにこすってしまうことがあるので、お医者さんと相談しましょう。

 

そしてものもらいになった後も注意が必要です。赤ちゃんは手が汚れていても構わず、目をさわってしまいます。目を清潔に保って悪化を防ぐためにも、なるべく気を付けるようにしましょう。

スポンサードリンク