ものもらいの症状 原因

スポンサードリンク

ものもらいの症状と原因

ものもらいは風邪や腹痛のように、生活に身近に存在する不調です。

 

しかし、その症状や原因について詳しく知っている人は少ないかもしれません。

 

ものもらいが出来てしまう原因はいくつか存在します。

 

おそらく、1年に何度もものもらいが出来てしまう、ものもらいが出来やすい体質の人は、「あっ、そろそろ出来そうだな」という風に、なんとなくものもらいが出来るのが予測できるものです。

 

それは、ものもらいが出来てしまう原因が自分で分かっているからです。

 

たとえば、「最近睡眠不足が続いている」とか「人間関係がうまくいかず悩んでいる」、「飲み会があってお酒を飲みすぎてしまった」などです。

 

自分のものもらいが何故出来てしまったのか、その原因を知ることで、生活の改善を考えるきっかけにすることが出来るでしょう。

ものもらいの症状 原因記事一覧

ものもらい症状うつる

ものもらいの症状には、目が赤く腫れる、化膿する、痛みを感じるなどがあります。腫れや膿がひどくなると見た目にも目立ってくることがあります。大きくわけてものもらいには2種類あり、麦粒腫とよばれるものは痛みやかゆみが起きた後に化膿してきます。そして霰粒腫とよばれるものは、痛みやかゆみはあまり起きませんがし...

≫続きを読む

ものもらいの原因 5つの原因を知って再発を防ごう

ものもらいが出来てしまう原因は人によって違います。あなたが「ものもらい」になった原因を知る事で完治が早まり、再発を防ぐ事ができます。寝不足睡眠不足が続けば当然「目」への負担は大きくなります。すると抵抗力が無くなり普段は跳ね除ける事が出来る菌が繁殖して、ものもらいが出来やすくなります。栄養不足ものもら...

≫続きを読む

ものもらい症状頭痛

ものもらいによって頭痛が起こるということを、知らない人も多いと思います。ものもらいには目の違和感や痛みだけでなく、腫れや化膿などの症状が起きることがあり、目立つところにできる分、早く治したいものです。ものもらいは放っておいて自然治癒することがあるので、病院には行かないという人もいます。ものもらいには...

≫続きを読む

子供ものもらい症状

子供のものもらいは判断が難しいものです。腫れなどは見た目で確認することができますが、目がごろごろするといった違和感や目のかゆみなどにすぐ気づくのは難しいことがあります。ものもらいには2種類あります。麦粒腫と呼ばれるものもらいは細菌に感染することによっておこります。麦粒腫の出来初めは目の違和感や痛み、...

≫続きを読む

ものもらい コンタクト

ものもらいは目に菌が入り炎症を起こすことで発症しますが、コンタクトレンズを日常からつけている人はものもらいになりやすいといえます。コンタクトレンズの使用方法を守らずに何日も連続して使用してしまえば当然ものもらいになる確率は高まりますし、目に大きな悪影響があります。しかし、いざものもらいになってしまっ...

≫続きを読む

ものもらい原因ストレス

ものもらいが出来てしまうと、痛くてゴロゴロしてうっとうしい上に視界も見えにくくなってしまいますね。出来やすい体質の人にとってはいつもの事ではありますが、出来る限り早く治ってほしいものです。しかし、そんなものもらいの原因はいったい何なのでしょうか?もちろん原因はいくつかありますが、一つにストレスという...

≫続きを読む

ものもらい原因疲れ

休む時間がなかなか取れなかった時や、疲れをよく感じていた時にものもらいになったことはありませんか。ものもらいは体や心の疲れをあらわすサインともいえるのです。ものもらいには細菌感染によっておこる麦粒腫と、マイボーム腺の分泌がうまくいかず、脂肪などがつまることによっておこる霰粒腫があります。疲れがたまっ...

≫続きを読む

下まぶたものもらい原因

ものもらいは、まぶたの上やまつ毛の根元などにできますが、下まぶたにもできます。霰粒腫とよばれるものもらいは、マイボーム腺などに脂肪がつまることによってできます。このマイボーム腺というのは上下のまつげの根元の内側にあります。普段からも油分をだすことによって、涙の蒸発を防ぎ、目がかわくのを防いでくれるの...

≫続きを読む

赤ちゃんものもらい原因

大人と違い、自分で目の異常を訴えることのできない赤ちゃんのものもらいは悩みの種です。特に赤ちゃんはものもらいになりやすい分、本人だけでなく親も辛いものです。麦粒腫とよばれるものもらいは細菌の感染によっておこります。そして、霰粒腫と呼ばれるものもらいはマイボーム腺というまつ毛の根元の内側に脂肪がつまる...

≫続きを読む

スポンサードリンク