ものもらい 治し方 こども

スポンサードリンク

こどものものもらいの治し方

こどもはものもらいにかかりやすいものです。知らないうちに汚い手で目をさわったり、かいてしまったりすることで、悪化もしやすいのです。

 

自分ではなかなか気づかなかったり、わからなかったりするため親が気を付けてあげることが大切でしょう。

 

放っておけば自然に治る場合も多いのですが、痛みや腫れがあるときは特に早く治してあげたいものです。

 

特に気を付けたいのが、ものもらいの出来初めです。ものもらいが出来初めの頃は目にゴロゴロとした違和感があったり、かゆみがあったりします。

 

こどもは触ったりかいたりしてしまうのですが、細菌を繁殖させてしまったり、傷を増やしてしまったりするため良くありません。

 

基本的にものもらいは放っておけば自然に治ることが多いですが、まれに炎症がひどくなったまま長期間腫れがひかないということもあります。

 

また、ものもらいだと思っていたら違う目の病気だったということもあります。そしてものもらいは、ひどくなると稀に切開して手術することがあります。

 

目の違和感に気づいたときにはなるべく早めに病院へいき、お医者さんの診断を仰ぎましょう。病院では抗菌剤の入った目薬やクリームをもらったり、抗生物質の内服薬をもらったりします。特に小さなこどもは嫌がることもありますので、その際もお医者さんに相談すると良いでしょう。

 

なるべくものもらいを早く治してあげるためにも、親ができることはなるべく注意しておくことです。そして、こども自身にも目の清潔を保つよう、汚い手で触らないといったことを言って聞かせることが大切です。

 

スポンサードリンク