ものもらい 治し方 冷やす

スポンサードリンク

ものもらいを冷やす治し方はいいの?

ものもらいが出来た際、治し方として一番正しいのは抗菌剤の入った点眼薬や軟膏を塗ることです。場合によっては、病院で抗生物質の入った内服薬をもらうこともあるでしょう。

 

ものもらいはとても一般的な病気ですから、できた際の対処法として様々なものを聞いたことがあると思います。

 

その中でもよく聞くのが、ものもらいが出来た際には冷やすと治りが早いということです。

 

ものもらいには2種類あります。麦粒腫と呼ばれるものもらいは細菌感染によっておこります。ものもらいの出来初めにはかゆみや、痛みを感じることが多いのです。この際に冷やすことは効果的です。

 

腫れや痛みを抑えることが出来ますし、細菌の炎症を多少ですが抑えることもできます。

 

気を付けなければいけないのが、細菌の繁殖をすすめることの無いよう、清潔を保つことです。冷やす時はきれいなタオルを使いましょう。

 

そしてもう一方の霰粒腫と呼ばれるものもらいは、マイボーム腺に脂肪などがつまってできるものもらいです。ものもらいが霰粒腫であった場合、脂肪が外に出にくくなってしまうため、冷やすのは逆効果です。

 

詰まっている脂肪が外にでれば徐々に治っていくのですが、まれにしこりが長期間ひかないことがあります。そして霰粒腫はあまり痛みやかゆみを感じません。

 

ものもらいは自然に放っておいて治ることもありますが、悪化した場合は切開して手術することもあります。なるべく眼科へ行き、正しい薬をもらうことをおすすめします。

 

そして、腫れや痛みを緩和させるために冷やすことは効果的ですが、その場合は清潔を保つようにこころがけましょう。

スポンサードリンク