ものもらい 手術 痛み

スポンサードリンク

ものもらい 手術の痛み

ものもらい(麦粒腫)が目薬をさしても治らない場合や、大きく腫れてしまい日常生活に支障をきたす場合、痛みが強い場合などは、自然治癒を待たずに手術によって治療を行います。

 

イメージ的には痛みが強く、涙と一緒に血が流れるような怖い印象がありますが、実際のところはどうなのか気になりますよね

 

まず、手術といってもそんな大げさなものではないのでご安心を。

 

最初に目薬の麻酔を指して感覚を鈍らせてから注射で患部に麻酔を打ちます。

 

その後、患部をまぶたの裏側または表側から切開して中の膿を取り除きます。

 

手術の所要時間は15分〜30分ほどの短時間で終了します。

 

麻酔がしっかり効いていれば激しい痛みはありませんが、膿を押し出す際にまぶたをグイグイ押される場合があるので、それが痛いと感じることもあります。

 

しかし、中には猛烈な痛みを手術の際に感じて、大声を出してしまったという人もいます。

 

その場合には、医師の判断で麻酔を掛けにくい場所であったか、しっかりと麻酔が効いていなかったという原因が考えられます。

 

なぜ、このような違いが起きてしまうのかというと、医師の手術の技術力も当然ありますが、目という非常にデリケートな部分に強い麻酔を掛ける事は、大きなリスクがともなうと考えられるためです。

 

確かに、痛い手術はいやなものですが、そのすぐ近くには大切な「目」がある事を考えれば、麻酔を掛けるのも少し怖い気がしますね。

 

また、麻酔がしっかりと効いている場合でも、自分の頬を伝う血の涙にびっくりする人もいるでしょうから、気持ちの準備はしておいたほうが良いでしょう。

 

とはいうものの、手術を恐れて病院へ行くのを拒んでいては、菌が繁殖して、さらにものもらいが肥大する可能性がある為、早めの受診が大切です。

スポンサードリンク